声優養成所の口コミ評判

【評判】俳協ボイスの学費・オーディションは?生協が運営?

更新日:

声優を目指している方の多くは、「俳協」という団体はご存知のことでしょう。

俳協とは「東京俳優生活協同組合」のことで、東京都が認可した生協法人。

また、俳協は「機動戦士ガンダム」シャア・アズナブル役の 池田秀一さん や「テニスの王子様」主人公である越前リョーマ役の 皆川純子さん など、実力派声優が数多く在籍している大手プロダクションということでも有名です。

俳協ボイスは、その「東京俳優生活協同組合」が声優育成のために運営している付属声優養成所。

それでは、早速俳協ボイスについてご紹介していきます♪

口コミ

https://twitter.com/61k61z61k61z/status/1033170139234021380

35歳/女性

俳協ボイスどう?事務所審査に落ちたOLの体験記(35歳/女性)

現在35歳の女性です。神奈川県に住んでいます。 今回は声優養成所に実際に通った体験談をご紹介したいと思います。「声優の学校って、何だか楽しそう」「自分でも入学できそう」と少しでも感じてもらえたら嬉しい ...

続きを見る

 

総評 94/100点

1960年に設立した東京俳優生活協同組合は、歴史も実績もある大手プロダクション。

有名な大手声優プロダクションのほとんどが俳協から枝分かれしているほど。

俳協は「声優プロダクションの母」ともいえる存在なのです。

そんなプロダクションの付属養成所でもある俳協ボイスには、メリットがいっぱい♪

「学費がリーズナブル」「結果が出るのが早い」「昔からの声優の在り方を教えてもらえる」「新しいことにもチャレンジできる」といった口コミも多く見られます。

俳協ボイスは、短期間で結果を出したい方や働きながら声優の道を目指したい人にとっては、大変人気のある声優養成所です。

 

デビュー実績 18/20点

 大原 さやか

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」 セレーネ・マクグリフ

「ぽぽたん」 あい

「xxxHOLiC」 壱原侑子

「FINAL FANTASY XIV~A REALM REBORN~」 リウィア・サス・ユニウス

私鉄各線ホームアナウンス(京急・京王・西武・井の頭線 他)

店内アナウンス(ショッピングモール・銀行 他)

 佐藤 利奈 「戦国コレクション」足利義輝

「みなみけ」シリーズ 南春香

「とある科学の超電磁砲」御坂美琴

「花より男子〜Boys Over Flowers」 松岡優紀

「佐藤利奈のあの空で逢えたら(インターネットラジオ)」

「佐藤利奈のあの空で逢いましょう♪(インターネットラジオ)」

 高橋 未奈美 「キラキラハッピー★ひらけ!ここたま」星ノ川はるか

「アイカツ!」風沢そら

「クレヨンしんちゃん」若女将

「ドラえもん」主婦

「由佳・ありさ・未奈美のMラジ!!(ラジオ)」

 内匠 靖明 「なんだかんだワンダー」ワンダー

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」昭弘・アルトランド

「怪盗ジョーカー」スパイダーA

「それいけ!アンパンマン」クマおじさん

「ポケットモンスター ベストウィッシュ」審判

 山口 恵 「映っちゃった映像GP(V.O)」

「名探偵コナン」 刑事

「アイカツ!」 アナウンサー

 橘 里咲 「橋本×羽鳥の新番組(EX)」

「松平健 食の道(BS日テレ)」

「ちば旅コンシェルジュ(千葉テレビ)」

「浅草サンバカーニバル2016(J:COMチャンネル)」

 森 日菜子 「異世界食堂」 公王の息子

「勝負の夏(AbemaTV)」PV

「ディズニードリームレッスン ライト&オーケストラヴァイオリン編(バンダイ)」PV

「JOYOUS JAPAN(紹介映像)」 富士撫子

 望月 ひとみ 「ほんとにあった怖い話(CX)」 駅アナウンス

「映っちゃった映像GP(CX)」 V.O

「いきなり!黄金伝説(EX)」 V.O

「映画 ひみつのアッコちゃん」 天気予報のお姉さん

 山岸 功 「ロケットマン!」 ロケットマン

「七人のマッハ!!!!!!!」 デュー

「野生の呼び声」 マイルズ

「ごくせん」 野田

アニメの出演もありますが、やはり吹き替えやナレーションの実績が多めですね。

俳協ボイスは、もともとナレーター色が強い養成所 なので、「声優のみをやりたい!」という方は、声優に特化した養成所を探す必要がありそうです。

また、公式HPは、気になるタレントを「名前から」「業種から」「性別から」検索できる仕組みになっています。

各タレントのプロフィールページに搭載されたボイスサンプルも、色々なバージョンが聞くことができるので、楽しいですよ♪

タレント検索は、こちらから。

 

直結の事務所・プロダクション 20/20点

俳協ボイスは東京俳優生活協同組合(俳協)の付属養成所。

もちろん直結プロダクションは、東京俳優生活協同組合(俳協)になります。

俳協は声優プロダクションの源流と言われることもあり、同人舎プロダクション・青二プロダクション・江崎プロダクション(現在のマウスプロモーション)・アーツビジョンなどが、ここから誕生しました。

さらに、青二プロダクションから、ぷろだくしょんバオバブ81プロデュースなどが枝分かれして設立されたという経由があります。

直結プロダクションは俳協ですが、俳協ボイスに通所していれば、色々なことにチャレンジできるチャンスもありそうですね!

 

通いやすさ 17/20点

全国で無料体験レッスンを開催している俳協ボイスですが、残念ながら、校舎は 東京都新宿区上落合に1箇所 のみ。

週1通所といっても、都内在住でなければ、続けるのは大変かも知れません。

校舎の場所は、西武新宿線の「下落合駅」から150メートルほどのところにあり、分かりやすいです。

また、レッスンは週1回3時間なので、仕事や学校生活と両立することが可能。

下の表は、55期「スタンダードクラス」の時間割になります。

希望の曜日や時間帯を選択できるのは、いいですね。

 

学費・年間費用 20/20点

俳協ボイスの学費や入所金は、以下のようになります。

▼ スタンダードクラス

▼ アドバンスクラス

スタンダードクラスは、入所金を含めて22万円

全20回のレッスンになるので、1回あたりのレッスン料は11,000円(220,000円÷20回)になります。

対して、アドバンスクラスは、入所金を含めて8万円

同じくレッスンの回数を20回とすると、1回あたりのレッスン料は4,000円(80,000円÷20回)です。

アドバンスクラスになると、一気にレッスン料が安くなりますね!

ただ、スタンダードクラスの料金だけ見ても、やはり業界全体の平均以下。さすが生協法人の付属養成所です。

学費がリーズナブルだという口コミは、本当 のようですね。

ただし、学費及び教材費は一括納入が原則となっていますので、ご注意下さい。

 

対象年齢・オーディション資格 19/20点

俳協ボイス「スタンダードクラス」の応募資格は、次のようになっています。

・当生協に加入できる、16歳~38歳まで の心身共に健康な方。

・一次審査合格後、二次審査を受ける事ができる方。

・二次審査合格後、アドバンスクラスを受講できる方。

つまり、対象年齢は高校1年生(16歳)から38歳まで。

けっこう幅広いですね。

さらに、他の養成所にはない「当生協に加入できる」という条件があります。

学費とは別に、組合員出資金として1,000円以上を預ける必要はありますが、組合員脱退時に返金されるので、特に問題はないでしょう。

 

レッスン内容

俳協ボイスには、「スタンダードクラス」「アドバンスクラス」があります。

▼ スタンダードクラス

クラスは、AからLまでの12クラスで、1クラスの定員は20人以内。

レッスンでは、発声・滑舌・基礎演技・ナレーション・語りを学び、豊かな感性を磨くための土台を固めます。

6ヶ月に及ぶレッスンを修了後は、審査で選抜された生徒のみが次の「アドバンスクラス」へと進級することが可能です。

▼ アドバンスクラス

こちらは、スタンダードクラスを6ヶ月間受講し、審査をクリアした者だけが進むことができる実践的なレッスンを行うクラス。

セリフ・ナレーション・アニメや外画のアテレコなど、現場に近いレッスンを6ヶ月かけて行います。

 

まとめ

生協法人の付属養成所というだけあって、良心的な学費 は、やはり魅力的でしたね。

だらだらと長い修行時間と多大なお金を投じるのは、とても非効率。

半年間通所してみて、俳協にふさわしいかどうかを見極めてもらえるという点は、本人にとってもプラスになる部分が多いのではないでしょうか。

また、俳協はナレーター色の濃いプロダクション ということも覚えておきましょう。

レッスンが週1という点も、仕事と両立できるというメリットもありますが、レッスン時間の短さから自主トレーニングがある程度必要になってくるというデメリットもあります。

メリット・デメリットのそれぞれを理解したうえで、ぜひ俳協ボイスにチャレンジしたいという方は、頑張ってみて下さいね。

随時行っているレッスン見学では、俳協ボイスの現場の様子が見ることができますよ♪

声優養成所選びで迷ったら?

TOPページで声優養成所おすすめランキングを発表しています!

-声優養成所の口コミ評判

Copyright© 声優養成所おすすめランキング一覧【2019年】 , 2019 All Rights Reserved.