声優養成所の口コミ評判

【評判】マウスプロモーション養成所の場所やオーディション資格、有名声優(出身者)は?

ネズミのロゴが、とても可愛いですね♡

マウスプロモーション付属俳優養成所は、株式会社マウスプロモーション が運営する主要子会社。

マウスプロモーションは「マウスプロ」「マウス」と呼ばれることもあり、以前は「江崎プロダクション」という名で運営されていました。

1974年設立で歴史も長く、「ポケットモンスター」ピカチュウ役 大谷育江さんや「ONE PIECE」ナミ役 岡村明美さんなど、多くの実力派声優を輩出してきたことでも有名な声優事務所です。

そんな強力な事務所がバックにあるマウスプロモーション付属俳優養成所は、やはりすごいのでしょうか。

それでは、マウスプロモーション付属俳優養成所について見ていきましょう。

口コミ

 

総評 87/100点

「スタジオマウス」という音響制作会社でもあるマウスプロモーションは、自社でも多種多様な作品を制作しています。

そのため、優秀と認められた生徒は、在所中から仕事をもらうことができる のが大きなメリット。

実際の音響監督が担当するスタジオレッスンが毎週のようにあり、そのレッスンへの順応性次第で、将来のチャンスにつながることもあるとか。

肝心のオーディションについてですが、その方法は公開されていません。

しかし、定員数が少ない少数精鋭の声優養成所ですので、受験するのも、それなりの覚悟が必要となりそうですね。

 

デビュー実績 20/20点

大谷 育江

「ポケットモンスター」 ピカチュウ

「ONE PIECE」 トニートニー・チョッパー

「名探偵コナン」 円谷光彦

「NARUTO -ナルト-」 猿飛木ノ葉丸

「スチュアート・リトル/スチュアート・リトル2」 ジョージ・リトル

「フルハウス」 ステファニー

 

岡村 明美

「ONE PIECE」 ナミ

「紅の豚」 フィオ・ピッコロ

「ザ・ホスピタル」 ウェンリー

「ブラック・マスク」 カレン・モク

「霊幻道士」 テンテン

 田中 敦子

「スノーホワイト/氷の王国」 ラヴェンナ〈シャーリーズ・セロン〉

「情事」 モニカ・ベルッチ

「CSI:科学捜査班12」 エリザベス・シュー

「24」 オードリー

「ビバリーヒルズ青春白書」 トレーシー

 浜田 賢二

「刀剣乱舞-花丸-」 御手杵

「黒子のバスケ」 木吉鉄平

「ONE PIECE」 イナズマ/キラー

「機動戦士ガンダムOO」 パトリック・コーラサワー

「特捜戦隊デカレンジャー」 テリーX

「轟轟戦隊ボウケンジャー」 ヒョウガ

 

木島 隆一

「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」 ミツキ

「GOD EATER」 空木レンカ

「宇宙戦艦ヤマト2199」 北野哲也

「ネクスト・アベンジャーズ」 ホークアイ

 

佐藤 あずさ

「プリパラ」 緑風ふわり、ファララ・ア・ラーム

「愛・天地無用!」 布賀油木

「スーパーモンスターズ」 カティア

「バンジのにゃむにゃむ日記」 ニャミニャミ

 

寺依 沙織

「進撃の巨人」 カーフェン

「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」 アモン・ガラム少年期

「地獄少女 宵伽」 勝沢麗、智也

ベネッセコーポレーションタブレット教材「チャレンジ5年生」

3DS「太鼓の達人 どんとかつの時空大冒険」

 谷 育子

「ハリーポッター」 マギー・スミス

「スパイダーマン・2」 メイ・パーカー

「若草物語」 スーザン・サランドン

「風と共に去りぬ」 オリビア・デ・ハビランド

「鉄人28号」 母

「NARUTO-ナルト-疾風伝」 チヨバア

「スポンジ・ボブ」 パトリック・スター

 

羽鳥 靖子

「ドラえもん」 のび太の祖母

「お伽草子」 ナレーション

「キスショット」 ウーピー・ゴールドバーグ

「ホテリアー」 女社長

 

小形 満

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 ナボナ・ミンゴ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 ドノバン・マトグロス

「しまじろうのわお!」 ひつじぃ

「ポケットモンスター」 カイリュウ

「くまのプーさん」 ピグレット

「ホームアローン1・2」 ダニエル・スターン

CM「日清カップヌードル」

いかがでしょうか。

アニメ・洋画の吹き替えなど、豪華な実績がずらり。

さすが歴史ある声優養成所は、違いますね!

また、所属する声優の全てのページに、サンプルボイスが掲載されているのも、なかなか面白いですよ♪

ご興味がある方は、「あっ!○○の声だ。」などと楽しみながら、聞いてみて下さい。

※男性タレントのサンプルボイスは、こちら

※女性タレントのサンプルボイスは、こちら

 

直結の事務所・プロダクション 20/20点

もちろん、声優プロダクションである 株式会社マウスプロモーション に直結しています。

卒業後に即戦力となるタレントの養成を目指しているため、レッスンも極めて実践的。

現役で活躍中の声優陣を講師に迎え、実際の現場体験をもとにしたきめ細かな指導が受けられるのが好評です。

実力が認められた生徒には、事務所から随時仕事の依頼が舞い込むケースもあるとか。

しかし、大手事務所が背後にあるのは事実ですが、声優の世界はそう甘くはありません。

以下のようなことが、公式HPのQ&Aページに記載されていました。

なかなか厳しいことが書かれていますが、声優を本気で目指す方であれば、何か感じ取れるものがあるのではないでしょうか。

 

通いやすさ 14/20点

マウスプロモーション付属俳優養成所の校舎は、東京都新宿区にある1箇のみ。

養成所側が斡旋してくれる学生寮や学生マンションなどの用意はないようですので、地方在住の方は、自分で下宿先を探す必要があります。

また、レッスンに関しては、1コマ2時間を週2~3コマ 受ける形。

レッスンの時間は10時~19時と、曖昧な表現で記載されています。

授業日詳細は入所式後に決定するので、バイトなどをお考えの方は、時間割がある程度確定してから動き始めるといいかも知れませんね。

 

学費・年間費用 19/20点

マウスプロモーション付属俳優養成所の入所金や授業料は、次のようになっています。

入所金は声優養成所の平均ほどですが、1ヶ月あたりの授業料は21,600円

他社と比較しても、ずば抜けて安い です!!

こうした価格設定も、マウスプロモーションが生徒たちの夢を応援したいという思いから、自社スタジオなどを所有し、プロモーションに所属する現役講師陣との間に揺るぎない信頼関係を築いてきたからこそ実現したもの。

金銭面の不安を少しでも取り除いてくれようとするマウスプロモーションの努力は、本当にありがたいですね。

 

対象年齢・オーディション資格 14/20点

こちらは、公式HPに記載された応募資格になります。

対象年齢は、18歳から27歳まで となっています。

けっこう制限されるのですね…。

しかし、さらに問題なのは、青で囲った部分をご確認下さい。

専門学校、劇団等で1年以上、又はそれと同程度の基礎訓練を受けた

!!!?

これは、他の声優養成所にあまりない制限。

そうなのです!

マウスプロモーション付属俳優養成所のデメリットのひとつに、経験者のみしか入所試験が受けられない という点があります。

「それでもマウスプロモーション付属俳優養成所に入りたい!」という方は、まずは他の専門学校や劇団を探すことが必要です。

 

レッスン内容

マウスプロモーション付属俳優養成所のレッスンは、アテレコ授業・声と体作り・演技 の3つが基本となります。

アテレコ授業

こちらは、実際のスタジオを使用し、外画やアニメに声を吹き込んでいる様子。

マイクワークや表現力が磨かれます。

 声と体作り

身体から出る声を修得するレッスン。

身体全体で芝居ができる声優や役者を目指すことが目的です。

教室アテレコ(演技)

台本から得られる情報のみを頼りに、キャラクターに肉付けしていく作業。

文章読解力や考察力を養っていきます。

マウスプロモーション付属俳優養成所では、演出家からの様々な意見をもとに、台本の裏まで読み込むことができるワンランク上の役者を目指しています。

 

まとめ

以上、マウスプロモーション付属俳優養成所について見てきました。

経験者のみしか入所できないということで、高額の学費を想像していた人も多いかも知れませんが、意外とリーズブルな料金体系でしたね。

しかし、レッスン内容や卒業生の実績は、やはり本格的。

「厳しそうではあるけれど、やはりマウスプロモーションで学びたい!」と実感した方もいるのではないでしょうか。

声優養成所の経験がない方には、「日ナレ」という通称で知られている 日本ナレーション演技研究所 あたりがおすすめです。

実績のある声優養成所でしっかり学び、再度マウスプロモーション付属俳優養成所にチャレンジするという方法もありますよ♪

さぁ、声優という夢に向かって、一歩一歩進んでいきましょう。

声優養成所選びで迷ったら?

TOPページで声優養成所おすすめランキングを発表しています!

-声優養成所の口コミ評判

Copyright© 声優養成所おすすめランキング一覧【2019年】 , 2019 All Rights Reserved.